災難

2011.4.25(月)

今日は 前回の記事のお散歩から帰る途中で遭遇した、
思いがけない災難のお話です。
(今回は 文字ばかりになってしまいます

公園からの帰り道、
その日は
いつも通る住宅街の中の道ではなく、
時々通る 車通り沿いの歩道を歩いていたのですが、

あるお店の前を通りかかったとき、
突然、自動ドアが開き、
中から ノーリードの洋犬さんが飛び出してきました。

その洋犬さん、
どういうわけか、激しい吠え声をあげながら
まっすぐ めぐに向かってきます

そして、一瞬のうちに めぐの上に覆いかぶさり、
左後ろ脚の付け根のあたりに噛み付こうとしました。
「危ない!」と思った瞬間、
めぐパパが 間に割って入り、
足を使って、相手の犬を思いっきり、払いのけてくれました。
(非常事態だったので 
 ちょっと 蹴りも入っていたと思います

が、
ひるんで いったんは離れてくれたものの、
相手の犬は 大声で吠えながら
すぐに 反対側から、再び、めぐを狙ってきます
間に入ってガードするパパのまわりを
右へ左へと 必死で逃げ惑うめぐ、

そんな切羽詰まった状況の中、
後を追って出て来た相手の飼い主さんご夫婦の ご主人のほうが
なんとか 暴れる犬を捕まえ、
ひきずりながら 店の中へと連れ戻してくれました。

ただ
突然の激しい攻撃にあっためぐは
相手の犬がいなくなったとたんに カタカタと震え始め、
左脚を宙に浮かせたまま、
その場に座り込んでしまいました

どこかに怪我をしているのではと
急いで 全身をチェックしてみたのですが
幸いなことに、どこにも キズは無いようでした。

相手の飼い主さんご夫婦は 交互にあやまり、
「念のため、病院へ…」と言ってくださったのですが
「大丈夫なようです」とお答えし、
もう一度 お店の名前を確かめた上で
その場を後にしました。

ショックから立ち直り、
また元気に歩き始めためぐ、
今回は めぐパパのとっさのガードがあったおかげで
なんとか 事なきを得ましたが
もし これが めぐママだけのときだったら、
めぐを守り通してやれなかったかも知れません。

それにしても
自動ドアという簡単に出て行ける状況なのに
なぜ 飼い主さんは、大型犬をノーリードのままにしていたのでしょう?
そして、飛び出してきたあの犬は
歩道の端っこを歩いていためぐに対して
なぜ あれほどまでに 執拗な攻撃をしかけてきたのでしょう?
落ち着いてから考えてみると
納得のいかないことがたくさんあります

その晩は 疲れていたのか、
自分からケージに入り、早くから寝てしまっためぐでしたが
翌朝には こんなのどかな姿に戻っていました。
2011042501.jpg
相手の犬は めぐより ふた回りほど大きく、
さらに 極度の興奮状態でしたから、
もし噛まれていたら、少々の怪我ではすまなかったかもしれません。

「噛まれなくて 本当によかった」と
しみじみ、何度も思っためぐママでした。

これまでのわんこ暮らしの中で 一番怖い思いをした出来事だっただけに
もう二度と
同じ道を通らないようにしようと思います。





 
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://megmeg2011.blog.fc2.com/tb.php/27-a188479e

Utility

ようこそ めぐブログへ!

2013年3月、ブログを卒業しました。 その後は、めぐonコルクボードとして、卒業後のめぐの写真を、時おり気ままにアップしています。
megu6.jpg

プロフィール

めぐまま&めぐ

Author:めぐまま&めぐ
めぐ 柴犬
2002.4.12生 ♀


めぐまま
めぐと過ごす穏やかでのんびりした日々を何より大切に思っている飼い主ママ

いくつになったの?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

以前のブログです!

2010年1月から2011年3月までの   めぐの毎日です